会社案内 商品案内 環境への取組 工場案内 Q&A
会社概要 ご挨拶・経営理念 沿革 アクセスマップ

沿革

1962年(昭和37年) 佐賀県小城市牛津町にコトブキ製紙株式会社を創立。
1号抄紙機でハード白ちり紙の生産を開始。
1963年(昭和38年) 2号抄紙機の運転を開始。ハード白ちり紙を増産。
1969年(昭和44年) 3号抄紙機、並びに原質設備完成。
ソフト白ちり紙の生産を開始。
1971年(昭和46年) 排水処理装置完成。
1974年(昭和49年) 5号抄紙機、並びに原質増設工事完成。
3号抄紙機を改造しトイレットペーパーの生産を開始。
1975年(昭和50年) 2号抄紙機をトイレットペーパーに転抄。品質検査室、
水質検査室を設置しJIS規格に基づく品質検査を開始。
1977年(昭和52年) コンピューターを導入。
1978年(昭和53年) 原料処理設備増設工事完成。
5号抄紙機にサクションシリンダーを導入。
1979年(昭和54年) 仕上加工場を拡張し、ちり紙自動積上装置、
トイレットペーパー自動包装ラインを導入。
1982年(昭和57年) 製品重量自動調整装置を導入。
1983年(昭和58年) 新2号抄紙機、並びに2号晒タワー、
トイレットペーパー加工ライン増設工事完成。
1984年(昭和59年) ソフトトイレットペーパーの生産を開始。
1986年(昭和61年) 6号抄紙機、製品倉庫増設工事完成。
1987年(昭和62年) 日本工業規格(JIS)表示許可工場の認可を受ける。
1988年(昭和63年) 原料処理工場新設移転工事完成。紙管の自社生産を開始。
1989年(平成元年) エンボス加工トイレットペーパーの生産を開始。
1990年(平成2年) エンボス加工、ミシン目入り業務用
トイレットペーパーの生産を開始。
1991年(平成3年) ディスパーザー及び関連機器の導入で品質レベル大幅アップ。
事務所、休憩所を移転。
1994年(平成6年) 新1号抄紙機、トイレットペーパー新加工ライン、
用水浄化装置完成。ダブルエンボス商品の生産を開始。
1995年(平成7年) 香料入り商品、長尺業務用ロールの生産を開始。
1996年(平成8年) 原料処理方式を地球釜からパルパーに変更。
熟成タワー設置。
1997年(平成9年) プリントロールの生産を開始。
原料・製品倉庫を建設。
1998年(平成10年) ISO9001(品質システム)の認証を取得。
2000年(平成12年) 新2号抄紙機設備完成。
特別高圧受電開始。
2001年(平成13年) 電力省エネルギー装置を導入。
2003年(平成15年) 生物処理装置の増設。
販売管理システム・社内LAN導入。
2004年(平成16年) 新物流システムへ移行。
2005年(平成17年) ボイラー・原質建屋完成。
品質改善の為の原料処理装置導入。
無塩素漂白による生産へ移行。
環境負荷低減ボイラー装置(エコノマイザー・O2制御)導入。
2006年(平成18年) 7号抄紙機・TP仕上げライン移設。並びに新Fライン装置導入。
7号抄紙機設備完成。製品仕上げ装置、コンベアライン増設。
広島市に現広島オフィスを開設。
2007年(平成19年) 工場出入口専用道路完成。
2008年(平成20年) 繊維回収装置(スクリーンフィルター)導入。
2009年(平成21年) 金属探知機、P/Wろ過機設置導入。
2010年(平成22年) 環境整備スタート。
2011年(平成23年) クラフト包装機導入。
2013年(平成25年) クラウド情報共有ソリューション導入。
2014年(平成26年) 1.5倍巻きロールの本格販売スタート。

会社案内

  • 会社概要
  • ご挨拶・経営理念
  • 沿革
  • アクセスマップ
  • 採用情報
  • お問合せ
  • 電子カタログはコチラから
  • ISO 9001 ISO 14001

↑ このページのトップへ